• Shimoji
  • AmerikanFlyers
  • TaipeiUniversity
  • ChinaUniversit
  • Photo

 

パイロット

株式会社FSOのホームページに お越しいただきありがとうございます。

あなたは、エアラインパイロットを目指していますか?

趣味で資格を取りたいのでしょうか?

代表者玉那覇は、アメリカ連邦航空局委託試験官の経験から、操縦教育には、操縦技術だけでなく、リスクマネージメント能力の高いパイロット育成が必須になると考えています。

その教育方法の一つとして、アメリカで近年注目されているのがシミュレーター訓練です。株式会社FSOは、日本で最初にシミュレータ訓練を導入したフライトスクールです。

株式会社FSOでは、シミュレーター訓練の特性を最大限に活かし、高い知識と操縦技術はもちろん、いかなる不測の事態にも対応できる安全なパイロット育成を目標としております。

 

FSO訓練生の資格取得実績


K氏 12.9時間で単独飛行へ

FSOにて訓練後、ラスベガスへ。
そして、K訓練生が単独飛行にでました。詳しくは、facebookをご覧ください。

FSO訓練生合格実績!!


JCAB 計器飛行証明試験(多発)

訓練期間 6ヶ月弱
FTD訓練 24回
実機訓練
(初めての機種で)
約5時間

(S.K氏のバックグラウンド:JCAB & FAA 事業 & 自家用操縦(365時間)資格保持者)

S.K氏からのコメント:

FTDをフル活用して、あらゆる想定下での訓練を受ける事ができ、また実地試験だけでなくその先を見据えた内容で考え方の幅が広がりました。費用の方も比較的安価に抑える事ができとても助かりました。


訓練期間 5ヶ月弱
FTD訓練 21回
実機訓練
(初めての機種で)
約6時間

(k.K氏のバックグラウンド:JCAB & FAA 自家用操縦(212時間)資格保持者)

K.K氏からのコメント:

実機の訓練時間が短く心配していましたが、シミュレータ訓練の成果で問題なく、また効率よく訓練を進めることが出来ました。FSOでは今後の仕事で必要な考え方や手順等を学ぶ機会が沢山ありました。


JCAB 計器飛行証明試験(単発)

訓練期間 2ヶ月弱
FTD訓練 24回
実機訓練
(初めての機種で)
約4.5時間

(k氏のバックグラウンド:JCAB 自家用操縦士(330時間)資格保持者)

株式会社FSOの操縦訓練は、シミュレータと実機の組み合わせ訓練です。


国土交通省航空局操縦士資格合格データ

合格資格 合格者 FTD訓練時間 実機訓練時間
計器飛行証明 30代男性D氏 約20時間 約10時間
30代男性K氏 約30時間 約5時間
40代男性K氏 約30時間 約5時間
30代男性K氏 約30時間 約5時間

 

米国連邦航空局操縦士資格合格データ

 

合格資格 合格者 FTD訓練時間 実機訓練時間
自家用操縦士 40代男性F氏 約30時間 約50時間*
30代男性T氏 約30時間 約55時間*
20代男性Y氏 約30時間 約50時間*
30代男性M氏 約30時間 約45時間*
20代男性O氏 約30時間 約45時間*
計器飛行証明 30代男性S氏 約30時間 約15時間
30代男性M氏 約30時間 約15時間
40代男性O氏 約30時間 約20時間
30代男性F氏 約30時間 約25時間
30代男性I氏 約30時間 約20時間
30代男性M氏 約30時間 約15時間
教育証明 20代男性I氏 約100時間 約5時間

*資格取得に係る同乗訓練と必要な単独飛行の合計時間

 

button07_toiawase_02

特定操縦技能審査
事前訓練
FAA
PFC
PAGETOP
Copyright © パイロット訓練 | 株式会社FSO All Rights Reserved.