• Shimoji
  • AmerikanFlyers
  • TaipeiUniversity
  • ChinaUniversit
  • Photo

NEWS ~ アメリカサマーキャンプツアー 2016  参加者募集!~

エアラインパイロットになりたい方はもちろん、飛行機に興味ある方など航空ファン必見! FSOと提携しているフライトスクールの視察をはじめ、飛行機製造企業の視察や米国最大の航空イベントなど、アメリカ航空業界を満喫するツアーに、FSOと一緒に行きませんか?

募集は6月30日まで! 下記リンクをクリックして、お早めにご確認ください。

詳しくはこちら。

 

NEWS ~ エアラインアカデミー開校 ~

沖縄とアメリカで一貫したカリキュラムで、訓練しませんか?

詳しくはこちら。

 

 

NEWS ~ 日本経済新聞に掲載されました ~

詳しくはこちら

 

NEWS   ~ 新企画 「動画版 航空講座」 開催します ~

ただ今、無料モニター募集中!

詳しくはこちら。

 

NEWS  ~ 2016/6/1   琉球朝日放送で放送されました ~

詳しくはこちら。

 

株式会社FSOのホームページに お越しいただきありがとうございます。

FSOは、日本で唯一のFTD(フライトシミュレーター)専門のフライトスクールで、FTDをより効果的に活用するノウハウと知識、実績と経験があります。

 

FTDを活用することで、あなたは、

☑ 実機だけの訓練と比べて訓練費用がかなり抑えられる

☑ 操縦技術を集中的に身に着けられる

☑ 実機では訓練できないようなことをリアルに訓練することが可能

☑ 天候に左右されないため、いつでも訓練が可能。

☑ リスクマネージメント訓練が可能

☑ FTDの訓練時間の一部を、実機訓練に換算することが可能

です。

もしあなたが、計器飛行証明もしくは事業用操縦士免許を取得したいなら、FSOで訓練することで、コストと時間をかなり抑えながら、免許取得までスムーズに訓練することができるでしょう。

 

 

新しい訓練スタイル

アメリカ連邦航空局が、航空機製造会社、研究機関とともに共同研究を実施しFITS と呼ばれるものを開発しました。

それはシミュレータと航空機の組み合わせ訓練により、パイロットは、「リスクマネージメントスキル」を向上させ、人的要因に関連する事故を減少させるであろうというものであり、実際にその効果が実証されました。

FSOでは、このFITSコンセプトを基にして、FSOオリジナルのヒューマンファクタートレーニング(シナリオベーストレーニング)を開発しました。

FTD訓練にはこのシナリオベーストレーニングを取り入れており、訓練生は、高い知識と操縦技術はもちろん、リーダーシップ、コミュニケーション、タスク&リスク管理におけるスキルを身に着けながら、いかなる不測の事態にも対応できる安全意識の高いパイロットになっております。

 

 

FSO訓練生の資格取得実績

 


FSO訓練生合格実績!!


JCAB 計器飛行証明試験(多発)

訓練期間 6ヶ月弱
FTD訓練 24回
実機訓練
(初めての機種で)
約5時間

(S.K氏のバックグラウンド:JCAB & FAA 事業 & 自家用操縦(365時間)資格保持者)

S.K氏からのコメント:

FTDをフル活用して、あらゆる想定下での訓練を受ける事ができ、また実地試験だけでなくその先を見据えた内容で考え方の幅が広がりました。費用の方も比較的安価に抑える事ができとても助かりました。


 

訓練期間 5ヶ月弱
FTD訓練 21回
実機訓練
(初めての機種で)
約6時間

(k.K氏のバックグラウンド:JCAB & FAA 自家用操縦(212時間)資格保持者)

K.K氏からのコメント:

実機の訓練時間が短く心配していましたが、シミュレータ訓練の成果で問題なく、また効率よく訓練を進めることが出来ました。FSOでは今後の仕事で必要な考え方や手順等を学ぶ機会が沢山ありました。



JCAB 計器飛行証明試験(単発)

訓練期間 2ヶ月弱
FTD訓練 24回
実機訓練
(初めての機種で)
約4.5時間

(k氏のバックグラウンド:JCAB 自家用操縦士(330時間)資格保持者)

株式会社FSOの操縦訓練は、シミュレータと実機の組み合わせ訓練です。


国土交通省航空局操縦士資格合格データ

合格資格 合格者 FTD訓練時間 実機訓練時間
計器飛行証明 30代男性D氏 約20時間 約10時間
30代男性K氏 約30時間 約5時間
40代男性K氏 約30時間 約5時間
30代男性K氏 約30時間 約5時間

 

米国連邦航空局操縦士資格合格データ

 

合格資格 合格者 FTD訓練時間 実機訓練時間
自家用操縦士 40代男性F氏 約30時間 約50時間*
30代男性T氏 約30時間 約55時間*
20代男性Y氏 約30時間 約50時間*
30代男性M氏 約30時間 約45時間*
20代男性O氏 約30時間 約45時間*
計器飛行証明 30代男性S氏 約30時間 約15時間
30代男性M氏 約30時間 約15時間
40代男性O氏 約30時間 約20時間
30代男性F氏 約30時間 約25時間
30代男性I氏 約30時間 約20時間
30代男性M氏 約30時間 約15時間
40代男性O氏 約40時間 約5時間
30台男性U氏 約10時間 約6時間
30台男性W氏 約10時間 約5時間
教育証明 20代男性I氏 約100時間 約5時間

*資格取得に係る同乗訓練と必要な単独飛行の合計時間

 

button07_toiawase_02

特定操縦技能審査
事前訓練
PFC
PAGETOP
Copyright © パイロット訓練 | 株式会社FSO All Rights Reserved.