下地島・アメリカで学ぶ、 エアラインパイロット 養成コース

飛行時間1500時間以上

報酬最大20万米ドル ※訓練期間中

説明会開催決定!
まずはお気軽にお問い合わせ下さい

098-975-6173 受付時間 /10:00~18:00 (土日祝日を除く平日)

ISSUE パイロットの2030年問題

この数字が何か分かりますか?

800,000人

2037年までに、必要なパイロットの数です。

今、世界では深刻なパイロット不足
となっています。

パイロット不足の今だからこそ、
他の希望者に 差をつけるチャンス!

FEATURE FSOのコースだからできること

教官パイロット経験 2年以上

飛行時間 1500時間以上

FSOのコースなら
充実した教育環境のもと
エアラインパイロットへの道
サポートします!

世界中では毎日100名以上の新規パイロットが必要
となる時代です。
FSOがご案内するコースは、資格取得が目的ではなく
プロパイロットとして働く事を目的とした革新的な養成コースです。

パイロットになる絶好のチャンス到来! FSOのコースを選択する7つのメリット 7 BENEFITS OF CHOOSING FSO COURSE パイロットになる絶好のチャンス到来! FSOのコースを選択する7つのメリット 7 BENEFITS OF CHOOSING FSO COURSE

日米一貫教育を通して
実績のある学校で学べる

  • エンブリ・リドル航空大学

    1925年に創立されたアメリカ・フロリダ州にある大学です。
    世界中に170か所以上の分校を持ち、世界最高峰の航空宇宙工学部があります。
    数多いアメリカの航空大学の中で、もっとも歴史がある学校で施設規模も大きく、航空会社への就職率も他の大学を圧倒しています。別名、「空のハーバード」とも言われています。

  • ADF Airways

    1986年創業の、アメリカ・フロリダ州マイアミを拠点とした、米国連邦航空局(FAA)141認定飛行訓練学校であり、航空局135認定航空運送事業の航空会社です。
    これまで7,000名以上のパイロットを輩出し、卒業生は世界中で活躍しています。小型飛行機25機を運行し、小型機のAATD他、ボーイング737やエアバス320のフライトシミュレーターを利用して、操縦教育と運送事業を実施しています。

米国で正規就労することができる

本プログラムでは、大学及び飛行学校双方からの相互支援のもと、就労を合法的に実現させる体制を構築致しました。

※注意事項※

アメリカで外国人が飛行訓練を目的にアメリカに入国するにはM1ビザが必要ですが、同時多発テロ以降ますます厳しくなりつつあります。ESTAを利用して入国し、飛行訓練を受けている飛行学校もあるようですが、目的外入国となるためいつ摘発を受けるかわからないのが現状です。
就労ビザを取得する際、過去の入国滞在履歴がクリーンである必要があり、一度でも入国拒否されることがあればその後就職で米国以外のプロパイロットとして採用されても、仕事として米国に入国出来なくなってしまいます。
このようなことが無いよう、合法的な訓練施設で訓練を受けることが重要です。

プロパイロットとして
報酬を受けることができる

大学がサポートし、発給されるF1ビザを元に、報酬を得て就労が出来るプラクティカル・トレーニング(実務経験)期間が設定されています。
2年〜4年間に渡り就労による報酬を受けることが可能です。
年間平均4~5万米ドルを教官職として受け取ることが可能となります。

プロパイロットとして多くの
飛行経験・飛行時間を積む
ことができる

メリット3で記載した通り、2~4年に渡りパイロット教官として就労することで、エアラインパイロットになるための飛行経験を積むことが可能です。
年平均で600~720時間の飛行時間を積むことができ、最終的にはプロパイロットとして2,400~3,000時間の飛行時間がフライトログブックに記載されます。
アメリカ国内の定期輸送航空事業会社やアメリカ以外の航空会社では、最低1,500時間を要求されているので、充分な飛行時間と言えます。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

098-975-6173 受付時間 /10:00~18:00 (土日祝日を除く平日)

圧倒的な英語力が身につく

パイロットにとって絶対に必要な能力の一つです。
通常業務はもちろん、クルーとのコミュニケーション、管制官との通信はすべて英語で行われます。
本プログラムでは訓練施設内では英語以外の言語を使用禁止としています。
また、教官パイロットとして英語で飛行経験をつけるため、自ずと英語力が身につきます。

※注意事項※

プロパイロットとして活躍するために必要な英語力は、単なる語学留学や航空留学で得ることは困難です。そのため、訓練開始前に英語試験を受けて頂き、プログラム開始前に英語能力を測定、結果次第では必要な英語教育を受講して頂き基礎固めを行います。

米国内航空会社への就職
の可能性がある

アメリカ国内での就労実績が評価されれば、アメリカ国内の移民弁護士を雇って永住権の取得が可能です。
ADFはこの制度を利用し、30名が永住権の取得をしております。申請から取得まで100%の実績を誇ります。永住権を取得することで、アメリカ国内の航空会社のパイロットとしてフライトし続けることが可能です。
アメリカの航空会社には日本の航空会社にはない特典が多くあり、例えば自社便や提携会社を利用して通勤することが可能なため、居住地はハワイ、勤務地はロサンゼルスの航空会社ということも可能です。

アジア・日本での就職
の可能性がある

アジアでもアメリカと同じように、飛行経験を求める動きが出てきました。
プロ資格を取得しただけでは通用しない時代が、目前に迫っております。
日本人として日本の航空会社に就職したいという気持ちがあるのは当然のことです。
帰国後には、アメリカでの飛行経験を最大に評価し、FSOでの国内資格取得にて国内の航空会社へ就職するチャンスがあります。
FSOの国内資格書き換え訓練は、下地島空港を拠点としたフライトシミュレーターを最大限に活用し、実施訓練時間を短縮することが可能です。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

098-975-6173 受付時間 /10:00~18:00 (土日祝日を除く平日)

コースの流れ COURSE FLOW

下地島とアメリカのフロリダ州で6年間、
訓練と教官実務を重ねます。
3年目以降は教官として実務飛行が行えるため、
1500時間以上の飛行時間を積むことが出来ます。

コース概要

コース終了後には、そのままアメリカに滞在して大手航空会社に就職する道や、
外国の航空会社に就職する道も開かれています。
もちろん、日本国内航空会社就職のための、国交省航空局資格書き換えなどのフォローも充実しております。

詳しい情報を知りたい!直接話が聞いてみたい! エアライン
アカデミー
説明会
AIRLINE ACADEMY BRIEFING

参加無料

わからないことや不安なこと、思っていることを 丁寧に説明いたします。
皆様のご参加お待ちしています!

会場 日程

説明会に参加する

東京会場

場所

〒108-0075 東京都港区港南2-15-4
品川インターシティ ホール棟

Googlemap

アクセス方法

JR 山手線・京浜東北線・横須賀線・総武本線・東海道本線
「品川駅」港南口より徒歩5分

京急「品川駅」港南口より徒歩8分

大阪会場

場所

〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町19-19
大阪アプローズタワー13階

Googlemap

アクセス方法

JR各線 「大阪駅」御堂筋南口から徒歩約10分

阪急 「梅田駅」茶屋町口から徒歩約6分

地下鉄御堂筋線 「中津駅」3番出口から徒歩約5分

沖縄会場

場所

〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜16-2
美浜メディアステーション3F

Googlemap

アクセス方法

那覇空港から車で約1時間(国道58号線経由)